日本と違う?
中国の高速鉄道の魅力!

中国の高速鉄道

世界中で走っている高速鉄道。中でも日本の新幹線は世界初の高速鉄道であり、敗戦で焼け落ちた日本が成功させた高速鉄道ということで世界中から注目を集めました。そして、隣国の中国も高速鉄道においてメキメキと力を付けています。インドネシアの高速鉄道計画においては、日本との競争に勝ち、その権利を獲得しています。そんな中国の高速鉄道の特徴とはどのようなものがあるのでしょう。

まずは日本との比較から説明します。中国の鉄道は日本の企業が車両を建設しました。その車両のベースはJR東日本のE2系です。また、高速鉄道の計画自体が日本が建設した満州鉄道をベースにしており、その根幹には日本の技術があるということに間違いはないでしょう。しかし、中国は日本以外の鉄道技術をふんだんに取り入れているため、その技術を海外に輸出できるほどにまで成長を遂げました。このような鉄道計画を支えるのは、中国の社会主義体制です。トップダウン式に計画が遂行されるため、実にスムーズに物事が運びます。このような合理主義こそが中国の高速鉄道の強みだと言えるでしょう。

中国の高速鉄道は営業最高速度において世界一という記録を持っていたほどの技術力を持っています。さらに、他国の文化を柔軟に取り入れる姿勢を持っているため、今後も更なる飛躍が期待されます。日本とはまた異なる中国の高速鉄道について知りたい方は是非この記事を読んでください。その魅力が伝わるような記事を書かせていただきました。最後までお付き合いください。